海洋生命・分子工学コース紹介
  海洋は生命誕生の場であり,多くの謎を秘めた未知の世界です。海洋生命・分子工学コースでは,太平洋を間近にのぞむ地の利を活かし,多種多様な海洋生物の遺伝子やタンパク質,生理活性物質の機能を調べ利用するための知識と技術を修得することを目指します。
 本コースでは,生化学,遺伝子工学,細胞工学,発生工学,生物有機化学,天然物化学などの講義・実習・演習・卒業研究を通じて,生命物質を研究するための基礎を身につけます。 。

実験 実験
(専門科目 専門海洋生命・分子工学基礎実験)

 大学院に進学して,海洋生物特有の驚くべき生命現象の研究,海洋で育まれた生物の歴史をひもとく研究,遺伝子やタンパク質の構造や機能を操作する研究,役に立つ天然物を設計・人工合成する研究を行うこともできます。

細胞の機能を調べる   有機化学
(卒業研究 左: 細胞の機能を調べる 右: 生理活性物質の抽出・精製)

 本コースの卒業生は,製薬会社・食品会社・バイオテクノロジー関連企業・公務員・研究職・教育職などの幅広い分野で活躍しています。海洋生命・分子工学コースではヒトを直接の対象とした教育・研究は行っていませんが,卒業生の中には医学研究科や薬学研究科などの大学院へ進学する人も毎年数名います。
高校生のみなさんへ
 海洋生命・分子工学コースは,高校で勉強する理科の科目で言うと化学と生物の分野になります。もう少し細かく言うと有機化学,遺伝子,タンパク質を中心に勉強し,実験します。共通には「生命」というキーワードをあげることができるでしょう。生命現象に興味のある,やる気と体力のあるみなさんの入学を期待しています。
 高校では,化学の基礎をしっかり勉強しておいて下さい。また,簡単な計算問題は解けるようにしておいて下さい。生命現象は様々な化学反応の積み重ねです。視野を広くもって,広い分野の勉強に積極的に取り組んで下さい。


海洋生命・分子工学コース HP に戻る